[an error occurred while processing this directive]
  • ホーム
  • 図で見る水周りの基本構造

図で見る水周りの基本構造

キッチンやバス、トイレや洗面などの水周りは、毎日使うもの。
でも、構造が少し複雑なように感じるので、交換や修理は敬遠されがちです。
実は複雑に感じる水周りも、その基本的な構造を知っていただくと取り付け・修理がしやすくなります。

ここでは、まず水周りの基本構造を知るのに欠かせない、水の循環経路を見てみましょう。

水は屋内にどのように流れてくるの?

日頃、なにげなく使っている水ですが、その水がどのように流れてくるのか(給水)?
そしてどのように流されていくのでしょうか(排水)?

その仕組みをご存知ですか?
下記のイラストはその仕組みを簡単に説明しています。

屋内の水の流れ

給水

配水管・分水栓・給水管・止水栓・水道メーターを通り、屋内の水栓(蛇口)、止水栓に給水されます。交換や修理時には必ず止水栓を閉めること。

排水

キッチンやバス、トイレや洗面所から出る排水はそれぞれの場所から排水管を通り、“汚水ます”を通って、下水管まで運ばれます。

水は屋内にどのように流れてくるの?

屋内への水の流れ

配水管から分水された上水が給水管を通り、止水栓・メータを通り家庭に供給されます。途中で給水管から分水された上水が給湯機を通り温められお湯となって、バス・キッチン・洗面などお湯を必要とする箇所に供給されます。

止水栓の種類と場所は?

基本構造で必ず知っておきたいのが止水栓のこと。水漏れの修理や水栓(蛇口)の交換の際に、止水栓(水の元栓)を閉める必要があります。
ご自宅の止水栓とその場所を確認してください。

屋外

戸建住宅
ハンドル式
もっともポピュラーなタイプの止水栓。庭先などに埋められているメーターボックスのフタを開け、ハンドルを閉める。
キー式
イラストのような専用の止水栓キーを使うタイプ。
集合住宅
マンションなどの中高層住宅の止水栓ボックス
マンションなどの集合住宅で一般的なタイプ。壁に埋め込まれたボックスをあけ、ハンドルを閉めれば水が止まる。

屋内

キッチン

キッチン

洗面

洗面

トイレ

トイレ

一般的なアングル止水栓(屋内でよく使われているタイプの止水栓)
ハンドル式 ドライバー式
キッチンの水栓(蛇口)が壁からではなく流し台についていて、シンクの下から給水されている場合や洗面台の水栓については、シンクや洗面台の下(キャビネット内)に止水栓がついている場合が多く、そのハンドルを右に回すことで水を止めることができます。
内ネジタイプの止水栓
トイレにはINAXなどの内ネジタイプの止水栓の場合もあります。

ページトップ

次のページではいよいよ、蛇口の種類とその構造を紹介 >>


[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]